Country :
ウルフ・ブラスへようこそ

酒類を扱うウェブサイトでは、アクセスに伴い皆様の年齢確認をさせていただきます。入力された生年月日を「保存する」をクリックすることにより、クッキーが生年月日を30日間保存します。30日を過ぎますと、アクセスの際に再度生年月日を入力していただきます. 公共のコンピューターを使用する場合、また未成年が使用しているコンピュータを共有する場合は「保存する」をクリックしないでください。TWEの個人情報取り扱いについてはこちらのプライバシーポリシーをご覧ください。

Welcome to Wolf Blass Explore Our Wines 

Red Label Semillon Sauvignon Blanc 2019

Red Label Semillon Sauvignon Blanc 2019

Overview

Overview

A blend of two classic varieties, this is a vibrant, fruit-driven white wine with a crisp, clean finish. The lemony, grassy notes of Semillon perfectly complement Sauvignon Blanc’s passionfruit and tropical flavours.

Wolf Blass Wines, established in 1966, has grown from a humble tin shed to become one of the world’s most successful and awarded wineries. Today, Wolf Blass wines are exported to more than 50 countries and are recognised internationally as icons of modern winemaking. The essence of Wolf Blass wines is exemplified through the passion of its custodians, past and present as they continue to create wines of quality, character and consistency.

Sourced from premium vineyards, Red Label wines are a testament to our blending expertise. Ready to drink on release, the smooth Red Label blends provide easy-drinking options offering fruit-driven flavours, soft, approachable palates and excellent value.

Varietal Semillon Sauvignon Blanc
Vintage 2019
Country Australia
Region South East Australia
Volume 750 mL
Enclosure Screw Cap
Alc/Vol 12.5%
Peak Drinking Enjoy Now
Winemaker Clare Dry

Food Pairing

Food Pairing

チキン
シーフード
パスタ
サラダ
辛い食べ物

Taste Description

Taste Description

Nose

Fresh and vibrant with n otes of passionfruit and lemon.

Flavours and Palate

Viticulture Vintage & Winemaking

Viticulture Vintage & Winemaking

クレア・ドライ -ワイン・メーカー

10代の時、クレアは園芸学に興味を持ったことがきっかけで、育ったヴィクトリア・モーニングトン半島のワイナリーで働くことになりました。2日間だけの経験にもかかわらず、ワイン業界で働きたいと強く思うようになったのです。

高校卒業後、クレアはアデレード大学の醸造学学士号コースに合格しましたが、実務体験を重ねた上で勉学に励みたいという強い希望があり、1年休学をし、モーニングトン・ペニンシュラの1ヴィンテージを手がけ、ドイツのファルツで2番目のヴィンテージを手がけました。

2007年に卒業し、クレアはウルフ・ブラスの主要メンバーとなり、各ワインの基準を満たすよう努めました。

クレアは、冷涼な気候で栽培されるワインに強い興味を持ち、特にアデレード・ヒルズのワインを好みました。クレアはアデレード・ヒルズの畑で多くの時間を過ごし、収穫、特にピノ・ノワールに思い入れがありました。

ワインメーキングチームは上質ワインの葡萄が栽培される南オーストラリアの畑の葡萄を厳選しており、多種多様な地域、葡萄品種、スタイル、技術、技術、熟練技の融合がウルフ・ブラスでの経験を充実したものにしています。