収穫

収穫

収穫

ワイン造りの上で最も重要な決断は、スタイルとワインの風味を決定付ける。葡萄の収穫時期の決定である。最適な熟度と風味に達したことを確認した上で収穫を行う。

白ワインを造る上で、ウルフ・ブラスのワインは、新鮮なアロマと風味を保持する目標がある。そのため葡萄を素早くかつ優しく収穫し、マストを確保する必要がある。収穫方法は、ワインのスタイルによって異なる。

手摘みはより優しい手法であり、葡萄は全房のまま収穫され、皮、種、茎から出るタンニンを最小限に留めることができる。機械による収穫方法はより素早く行われ、気温が低い夜間に行われる。葡萄は破砕されると皮からの風味が抽出されるため、一部のワインのスタイルには相応しい。

破砕、圧搾、発酵

破砕、圧搾、発酵

破砕、圧搾、発酵

葡萄は除梗されると、優しく破砕が行われ、圧搾され、マストが確保され低温で管理される。通常、マストの抽出が優しければ優しいほど、ワインの質は高まる。低温管理されたマストは安定化され、

白ワインと赤ワインの顕著な違いは、白ワイン用の葡萄は発酵前に圧搾し、クリアーなマストのみが発酵される。赤ワインの場合は皮ごと発酵される。

発酵期間中、葡萄の糖は酵母に変わり、アルコールと二酸化炭素に変わる。ワインメーカーは酵母、樽、温度を選択して発酵を行う。白ワインは、赤ワインに比べて低温で発酵が行われ、新鮮な果実味を保持する。

破砕、圧搾、発酵

破砕、圧搾、発酵

破砕、圧搾、発酵

葡萄は除梗されると、優しく破砕が行われ、圧搾され、マストが確保され低温で管理される。通常、マストの抽出が優しければ優しいほど、ワインの質は高まる。低温管理されたマストは安定化され、

白ワインと赤ワインの顕著な違いは、白ワイン用の葡萄は発酵前に圧搾し、クリアーなマストのみが発酵される。赤ワインの場合は皮ごと発酵される。

発酵期間中、葡萄の糖は酵母に変わり、アルコールと二酸化炭素に変わる。ワインメーカーは酵母、樽、温度を選択して発酵を行う。白ワインは、赤ワインに比べて低温で発酵が行われ、新鮮な果実味を保持する。

熟成

熟成

熟成

熟成方法によりワインの熟成具合をコントロールすることができる、シャルドネは樽で発酵・熟成させられる。シャルドネは、樽で発酵・熟成が行われる。これによりオーク樽の特徴と酸素を最大限に取り入れることができ、複雑な二次アロマと風味を生むことができる。リースリングは、ステンレススティールタンクで低温熟成され、石果の果実の特徴を保持し、風味の確立の補助をし、口中に広がる風味を持つ。

ワインの一部もしくは全てに対してマロラクティック発酵を行い、第二次発酵により酸を和らげ、ワインにより濃厚でクリーミーな舌触りを与える。

収穫

収穫

収穫

ワイン造りの上で最も重要な決断は、スタイルとワインの風味を決定付ける。葡萄の収穫時期の決定である。最適な熟度と風味に達したことを確認した上で収穫を行う。

白ワインを造る上で、ウルフ・ブラスのワインは、新鮮なアロマと風味を保持する目標がある。そのため葡萄を素早くかつ優しく収穫し、マストを確保する必要がある。収穫方法は、ワインのスタイルによって異なる。

手摘みはより優しい手法であり、葡萄は全房のまま収穫され、皮、種、茎から出るタンニンを最小限に留めることができる。機械による収穫方法はより素早く行われ、気温が低い夜間に行われる。葡萄は破砕されると皮からの風味が抽出されるため、一部のワインのスタイルには相応しい。

スパークリング

成熟とルミアージュ

スパークリング

成熟とルミアージュ

ワインはイーストがおりになるまで、品質や性質によって6か月から数年かけて成熟します。成熟させている間、ボトルは壜内二次発酵によって生じた澱を壜口に集めるため、毎日少しだけ瓶を回転させます。

成熟とルミアージュ

スパークリング

成熟とルミアージュ

ワインはイーストがおりになるまで、品質や性質によって6か月から数年かけて成熟します。成熟させている間、ボトルは壜内二次発酵によって生じた澱を壜口に集めるため、毎日少しだけ瓶を回転させます。

デゴルジュマン(澱抜き)とドサージュ

スパークリング

デゴルジュマン(澱抜き)とドサージュ

瓶内二次発酵でスパークリングワインを造る際、デゴルジュマンをするためには、まずボトルの瓶口を凍らせます。これにより瓶口に集められた澱が凍って塊になります。この状態で栓を開けると内部の気圧により、この氷塊が弾き出されます。この工程でごく少量の酸素が瓶内に入り、このとき添加されるドザージュ(加糖)のためのリキュールで、アロマがさらに成熟しワインが完成するのです。

Top