ウルフ・ブラスのワインメーカー達

ウルフ・ブラスのワインメーカー達

ウルフ・ブラスのワインメーカーチームは、哲学を共有しています。卓越性をストレートに追い続け、ウルフ・ブラスの誇り高い歴史を支え表現しており、最高品質のワインを造っている。

情熱的なワイン醸造チームについて

クリス・ハッチャー チーフ・ワインメーカー

全種類の一部ずつを足し合わせたものの方が個々の個性をより発揮できます。そうでないのであれば、なぜブレンディングを行うのでしょうか?

クリス・ハッチャー チーフ・ワインメーカー | ウルフ・ブラス

全種類の一部ずつを足し合わせたものの方が個々の個性をより発揮できます。そうでないのであれば、なぜブレンディングを行うのでしょうか?

クリスは、オーストラリアを先導するワインメーカーの一人であり、世界中のワインショーの審査員としても一目置かれています。ワイナリーとテイスティングルームでの細やかな気配りは、高品質で一貫したウルフ・ブラスのワインを生み出しています。

アデレードで生まれ育ったクリスは、青年期からワインメーカーになりたいと思っていました。なぜなりたかったのかはわかりません。クリスの父親は敬虔なメソジストだったため、ワインが家にあったことがありませんでした。クリスにとって、ワインは与えられなかったものを得るというよりももっと大きな意味があるのです。

1974年、クリスは南オーストラリアのアデレード大学を科学専攻で修了し、ニューサウスウェールズのチャールズ・スタート大学で醸造学を学びました。

オーランドとバロッサ・ヴァレーのカイザー・スタール、カリフォルニアのシミ・ワイナリーで勤務した後、クリスは1987年12月にウルフ・ブラスに入社しました。その後10年間、クリスはウルフ・ブラスのシニア・ワインメーカーとしてウルフ・ブラスの白ワインとスパークリングを専任しました。

この10年間、クリスは39のトロフィー、218の金メダル受賞ワインを手がけました。ウルフ・ブラスの白ワインのレンジを成功に導く鍵を握っており、輸出ワインの成功の基盤となりました。

2008年、クリスは、ウルフ・ブラスのブラック・ラベルを世界中の最もアイコニックなワイン30、1本当たり2,000ドルするワインもあるブラインドテイスティングコンペティションにエントリーしました。多くの者が大企業を相手にクレイジーなことをするものだと思いました。世界のベストのワインと競った結果、ブラック・ラベルほぼ満点を獲得しました。

クリスは、最高峰を追い求めることを止めません。そして多くの人がそれに賛同します。

全種類の一部ずつを足し合わせたものの方が個々の個性をより発揮できます。そうでないのであれば、なぜブレンディングを行うのでしょうか?

スティーブン・フロスト シニア・ワインメーカー

私のパッションは自然な商品を作る能力と芸術と科学を使用して多くの方々と私自身が楽しめるワインを造っています。

スティーブン・フロスト シニア・ワインメーカー | ウルフ・ブラス

私のパッションは自然な商品を作る能力と芸術と科学を使用して多くの方々と私自身が楽しめるワインを造っています。

スティーヴはヤラ・ヴァレーでレストラン事業を行う家族の下で育ったので、彼の食とワインへの興味が生まれました。

彼の初めてのキャリアではないが、スティーヴの葡萄栽培とワインへのパッションが大きくなっていった。週末は畑とワイン造りにいそしんだ。

スティーヴは1999年からフルタイムでワイン業界で働き始めると同時にチャールズ・スタート大学でも醸造学の学位取得に向けて勉強を始めました。2005年にバロッサで働き始め、2008年からウルフ・ブラスの赤ワインを手がけています。

私のパッションは自然な商品を作る能力と芸術と科学を使用して多くの方々と私自身が楽しめるワインを造っています。

マリー・クレイ ワイン・メーカー

私のパッションは、素晴らしい味のみならず個性と土地の感覚を感じられるワインを造ることです。

マリー・クレイ ワイン・メーカー | ウルフ・ブラス

私のパッションは、素晴らしい味のみならず個性と土地の感覚を感じられるワインを造ることです。

ウルフ・ブラスのワインメーカー、マリー・クレイは父親が南オーストラリア産赤ワインの素晴らしいセラーを持っており、娘2人の誕生年のワインを集めていました。マリーの誕生年のワインは1979年ウルフ・ブラス ブラック・ラベルであり、21歳の誕生日の際に開けられました。

2000年、アデレード大学醸造学科を首席で卒業し、マリーはサウスコープ・ワイン奨学金を獲得しました。この間、オーストラリアの著名なワイン生産地(クナワラ、バロッサ、グレート・ウェスタン)の最良のワインメーカーとトレーニングをしました。

ブルゴーニュとトスカーナでの最新ヴィンテージを手がけるなどの経験をした後、マリーは2005年にウルフ・ブラスに入社しました。

現代的なワイナリーで働くのが好きなマリーは、果実の持つポテンシャルを最大限に表現しています。ラングホーン・クリークとマクラーレン・ヴェイルは、グレー・ラベル・レンジの中心的な場所で、彼女の心の故郷です。

マリーはバロッサを故郷と呼んでいます。父親のセラーは1時間ほど離れた距離にあります。

私のパッションは、素晴らしい味のみならず個性と土地の感覚を感じられるワインを造ることです。

クレア・ドライ ワイン・メーカー

上質ワイン造りは芸術技と技術的な挑戦であり、そこに個性が足されます。それらの交錯が私達が最も愛することです。

クレア・ドライ ワイン・メーカー | ウルフ・ブラス

上質ワイン造りは芸術技と技術的な挑戦であり、そこに個性が足されます。それらの交錯が私達が最も愛することです。

10代の時、クレアは園芸学に興味を持ったことがきっかけで、育ったヴィクトリア・モーニングトン半島のワイナリーで働くことになりました。2日間だけの経験にもかかわらず、ワイン業界で働きたいと強く思うようになったのです。

高校卒業後、クレアはアデレード大学の醸造学学士号コースに合格しましたが、実務体験を重ねた上で勉学に励みたいという強い希望があり、1年休学をし、モーニングトン・ペニンシュラの1ヴィンテージを手がけ、ドイツのファルツで2番目のヴィンテージを手がけました。

2007年に卒業し、クレアはウルフ・ブラスの主要メンバーとなり、各ワインの基準を満たすよう努めました。

クレアは、冷涼な気候で栽培されるワインに強い興味を持ち、特にアデレード・ヒルズのワインを好みました。クレアはアデレード・ヒルズの畑で多くの時間を過ごし、収穫、特にピノ・ノワールに思い入れがありました。

ワインメーキングチームは上質ワインの葡萄が栽培される南オーストラリアの畑の葡萄を厳選しており、多種多様な地域、葡萄品種、スタイル、技術、技術、熟練技の融合がウルフ・ブラスでの経験を充実したものにしています。

上質ワイン造りは芸術技と技術的な挑戦であり、そこに個性が足されます。それらの交錯が私達が最も愛することです。

ジョン・アシュウェル ワインメーカー

ジョンにとってワインメーキングのプロセスを一語で表現すると「ポテンシャル」です。発芽中の葡萄の樹からワインの発酵からブレンディングまでの一つ一つの過程がポテンシャルを示し、全てを足したものより素晴らしいものになるというポテンシャルを表現しています。

ジョン・アシュウェル ワインメーカー | ウルフ・ブラス

ジョンにとってワインメーキングのプロセスを一語で表現すると「ポテンシャル」です。発芽中の葡萄の樹からワインの発酵からブレンディングまでの一つ一つの過程がポテンシャルを示し、全てを足したものより素晴らしいものになるというポテンシャルを表現しています。

ジョンのワインビジネスへの情熱は、両親の影響が大きく早い段階で生まれ、葡萄を栽培育成し、成功するブティークワイナリーのセットアップに成功しました。

ジョンが成長するにつれ、グレート・ディヴァイディング山脈の海抜800メートルに位置するクイーンズランドの両親の畑の管理をするようになりました。その後2年間、ジョンは葡萄の通年育成サイクルについて詳しく学んだ上で、ワイン醸造を学ぶ時期を決めることにしました。

2003年にチャールズ・スタート大学のワイン醸造学科に入学し、翌年ジョンはセントラル・ヴィクトリア、ハンター・ヴァレー、ヤラ・ヴァレー、カリフォルニアのソノマ・カウンティで働きながら勉強しました。

ヴィンテージ2008を造るため、オーストラリアに帰国し、南オーストラリアがワイン醸造の勉強をする上で最良の土地であると決意し、車に荷物を詰め込み、出発しました。

2009年にウルフ・ブラスのヴィンテージ・ワインメーカーとして入社して、以来ウルフ・ブラスで勤務しています。ワインのスタイル、ワインメーキングとしての選択肢は彼にとって絶えることのないインスピレーションであり、ベストのワインを完成させるとコミットする上で促進剤となりました。

ワイン業界での開始を忘れないよう、ジョンは常に畑に出て、葡萄の育成を自分の目で確かめるようにしました。

ジョンにとってワインメーキングのプロセスを一語で表現すると「ポテンシャル」です。発芽中の葡萄の樹からワインの発酵からブレンディングまでの一つ一つの過程がポテンシャルを示し、全てを足したものより素晴らしいものになるというポテンシャルを表現しています。

Top